秋冬春夏

第47回:13頁「 母とわたし 」

今、あなたの心はどの季節にいますか?

 

そこではどんなことが起きていますか?

 

私たちが生身の人間であり、

こころという目には見えない意識が働き、

それがまるで、季節のように変わりゆくものであること、

私たちはそれをコントロールするのではなく、

クリーニングによって受け入れ、手放し、

また新しい季節をゼロから迎えることができるようにできているということを、

春夏秋冬、

クリーニングしながら、

あなたのいのち本来のリズムを取り戻していきましょう。

 

クリーニング

 

ゼロ

 

 

平和

 

 

 

 

 

心を観察しながら、

 

以下のガイドに沿ってクリーニングしていきます。

 

「 正しい 」答えはありません。

 

これは「 あなた 」の記憶のクリーニングの歴史の始まりです。

 

あなたが、こころの状態に気づき、クリーニングする。

 

それが唯一の目的です。

 

そして、あなたのウニヒピリにとってベストなタイミングで、

 

少しづつ、

 

神聖なる存在のスピードによって、

 

あなたのいのちのペースに戻っていくための時間です。

 

焦りをクリーニング。

 

期待をクリーニング。

 

判断をクリーニング。

 

記憶は消去されていきます。

 

記憶は消去されているのです。

 

あなたが判断から自由になることへの招待の扉の前に今あなたは立っています。

 

ここに立つ間は、

 

あなたは自由に、

 

あなたの神聖なる存在の手のひらの上で、

 

ただ、あるものを、

 

クリーニングして、

 

見えてくるものを

クリーニングするだけです。

 

 

 

始めていきましょう。

 

 

ありがとうございます。

 

 

───・───・───・───・───・───・───・───・─

 

 

 

ホ・オポノポノでは、

ウハネとウニヒピリの関係がなによりも大事である

といわれているように、

 

あなたとあなたのお母さんの関係も、

今のあなたの人生のあらゆる体験に大きく影響を与えています。

 

例えば、

お母さんにやってほしかったこと、

やってもらえたこと、

やってもらえなかったこと、

それらは、

過去の記憶なので、

今、あなたがクリーニングすることです。

 

たとえ、

この人生でお母さんと会ったことがないという人も、

もうこの世で会えないという人も、

今感じる母親に対するあらゆる体験はあなたのものなので、

今、あなたがクリーニングすることです。

 

日々の生活の中で、

あなたが社会や誰かに求めていることは、

お母さんにしてもらえなかったことの投影かもしれません。

 

だから、それらをクリーニングすることで、

幻に向けて働きかけているのではなく、

宇宙で何よりも大事な、

あなたの内なる母と子の関係が大きく変化していきます。

 

 

親が老いていく悲しさ、

不自由になっていく悲しさなど、

すべてが変化していくことに対し、

怖いからといって、

無理やり何かをするでもなく、

無視するでもなく、

その無防備なあなたのこころをただ、

丁寧にクリーニングすることで、

長い歴史のケアにつながります。

 

あなたにとっての

母親となった存在すべてにこれはいえます。

 

実際のお母さん、

それはおばさんかもしれないし、

おばあさんかもしれないし、

お父さんかもしれないし、

先生かもしれない。

 

なぜ、それがお母さんとあなたの目の前に現れたのかも含め、

クリーニングしてみましょう。

 

あなたの中にある、もともとの母性、

内なる母親が健全に働き出すための大切なワークです。

 秋冬春夏第47回:13頁「 母とわたし 」
Open

mailmag_banner

Close