秋冬春夏

第44回:92頁「 おくりもの 」

今、あなたの心はどの季節にいますか?

 

そこではどんなことが起きていますか?

 

私たちが生身の人間であり、

こころという目には見えない意識が働き、

それがまるで、季節のように変わりゆくものであること、

私たちはそれをコントロールするのではなく、

クリーニングによって受け入れ、手放し、

また新しい季節をゼロから迎えることができるようにできているということを、

春夏秋冬、

クリーニングしながら、

あなたのいのち本来のリズムを取り戻していきましょう。

 

クリーニング

 

ゼロ

 

 

平和

 

 

 

 

 

心を観察しながら、

 

以下のガイドに沿ってクリーニングしていきます。

 

「 正しい 」答えはありません。

 

これは「 あなた 」の記憶のクリーニングの歴史の始まりです。

 

あなたが、こころの状態に気づき、クリーニングする。

 

それが唯一の目的です。

 

そして、あなたのウニヒピリにとってベストなタイミングで、

 

少しづつ、

 

神聖なる存在のスピードによって、

 

あなたのいのちのペースに戻っていくための時間です。

 

焦りをクリーニング。

 

期待をクリーニング。

 

判断をクリーニング。

 

記憶は消去されていきます。

 

記憶は消去されているのです。

 

あなたが判断から自由になることへの招待の扉の前に今あなたは立っています。

 

ここに立つ間は、

 

あなたは自由に、

 

あなたの神聖なる存在の手のひらの上で、

 

ただ、あるものを、

 

クリーニングして、

 

見えてくるものを

クリーニングするだけです。

 

 

 

始めていきましょう。

 

 

ありがとうございます。

 

 

───・───・───・───・───・───・───・───・─

 

 

 

多くの人たちは、

おくりものと聞くと、

 

自分が希望する、

自分のほしいものが

ほしいときに

ほしいように

手渡されることだと思っている、

またはそう期待しているものです。

 

しかし、

わたしたちを創り出してくれた

神聖なる存在は、

わたしたちの「本質」を知っています。

ですから、

あなたが知らない「本当のあなた」

「本当のあなたの才能」に必要なものを

必要なリズムで実際のところ渡してくれているのです。

 

 

この問題の原因はなんですか?

 

この問題に対してわたしはどうすることが正しいでしょうか。

 

このことに対してどうやってホ・オポノポノをしたら良いですか。

 

 

 

この三つの質問を繰り返すことで、

あとはただクリーニングする。

そこには自分が思い描いている結果も当てはめます。

 

いま目の前に表されているものが、

あなたの最大のギフトだなんて

どうしても思えないこともあるかもしれませんが、

それらをクリーニングし、

手放していくことで、

そこにある本当のメッセージを受け取ることができます。

 

 

「わたしが、再認識したことは、

神聖なる存在から与えられているものを

こころから受け入れることです」

 

クリーニングをして、

できるだけこころや頭が空の状態であるとき、

わたしたちが知っていることをはるかに超えたメッセージ、

贈り物を受け取ることができます。

 

 

贈り物とは、あなたの記憶へ贈られたプレゼントではありません。

それはただ新たな記憶の引き金となるものです。

本当の神聖なる存在の贈り物は、いつだって、

あなたのいのちを表現する、ただそれだけのために絶え間なく与えられているものです。

 

 

それを受け取ることができるように、

わたしたちはそれぞれがただ、

内なる家族と集い、

記憶によって荒らされた畑をクリーニングによって耕し、

それぞれの才能、生きるエネルギーが芽吹くのを待つ。

ただ、それだけなのです。

 秋冬春夏第44回:92頁「 おくりもの 」
Open

mailmag_banner

Close