秋冬春夏

第4回:34頁「 わたしの平和 」

今、あなたの心はどの季節にいますか?

そこではどんなことが起きていますか?

私たちが生身の人間であり、
こころという目には見えない意識が働き、
それがまるで、季節のように変わりゆくものであること、
私たちはそれをコントロールするのではなく、
クリーニングによって受け入れ、手放し、
また新しい季節をゼロから迎えることができるようにできているということを、
春夏秋冬、
クリーニングしながら、
あなたのいのち本来のリズムを取り戻していきましょう。

クリーニング

ゼロ

平和

心を観察しながら、

以下のガイドに沿ってクリーニングしていきます。

「 正しい 」答えはありません。

これは「 あなた 」の記憶のクリーニングの歴史の始まりです。

あなたが、こころの状態に気づき、クリーニングする。

それが唯一の目的です。

そして、あなたのウニヒピリにとってベストなタイミングで、

少しづつ、

神聖なる存在のスピードによって、

あなたのいのちのペースに戻っていくための時間です。

焦りをクリーニング。

期待をクリーニング。

判断をクリーニング。

記憶は消去されていきます。

記憶は消去されているのです。

あなたが判断から自由になることへの招待の扉の前に今あなたは立っています。

ここに立つ間は、

あなたは自由に、

あなたの神聖なる存在の手のひらの上で、

ただ、あるものを、

クリーニングして、

見えてくるものを、

クリーニングするだけです。

始めていきましょう。

ありがとうございます。

───・───・───・───・───・───・───・───・──

SITHホ・オポノポノにおいて、

わたし = Iとは、
(INFINITY ・永遠、DIVINITY・神聖なる
存在、 INSPIRATION・インスピレーション)を象徴しています。

○ ある晩、ひどい騒音で目が覚めました。わたしは家のウニヒピリが心配になりました。

家は、私たちを日々支えてくれています。

雨風寒さから私たちを守ってくれています。
そして、家の中で起きる感情すべてを持っています。

「わたしの平和」というとき、
わたし個人の中で起きる、あらゆるゼロへのプロセスが起こりますが、

そうするとき、わたしたちはもちろん、暮らす家を尊重している姿勢でもあるのです。

わたしたちに関わるあらゆる物事、体験、思いも含まれます。

親子ゲンカがある家で、それをどうやってとめようか、後片付けをしようかする前に、
家のために「わたしの平和」に立ち戻ると、すべてにバランスが戻ってきます。

わたしたちは問題が起きる時、いつも外を変えようとします。
親子ゲンカ、夫婦喧嘩、
そんなとき、まずは自分、そしてそれぞれが持つ、アイデンティティーへ平和を取り戻すためのクリーニングをするとき、
必要な存在その全てに真の平和が戻るのです。

 秋冬春夏第4回:34頁「 わたしの平和 」
Open

mailmag_banner

Close