秋冬春夏

第12回:44頁「 すべてはわたしからはじまる 」

今、あなたの心はどの季節にいますか?

そこではどんなことが起きていますか?

私たちが生身の人間であり、
こころという目には見えない意識が働き、
それがまるで、季節のように変わりゆくものであること、
私たちはそれをコントロールするのではなく、
クリーニングによって受け入れ、手放し、
また新しい季節をゼロから迎えることができるようにできているということを、
春夏秋冬、
クリーニングしながら、
あなたのいのち本来のリズムを取り戻していきましょう。

クリーニング

ゼロ

平和

心を観察しながら、

以下のガイドに沿ってクリーニングしていきます。

「 正しい 」答えはありません。

これは「 あなた 」の記憶のクリーニングの歴史の始まりです。

あなたが、こころの状態に気づき、クリーニングする。

それが唯一の目的です。

そして、あなたのウニヒピリにとってベストなタイミングで、

少しづつ、

神聖なる存在のスピードによって、

あなたのいのちのペースに戻っていくための時間です。

焦りをクリーニング。

期待をクリーニング。

判断をクリーニング。

記憶は消去されていきます。

記憶は消去されているのです。

あなたが判断から自由になることへの招待の扉の前に今あなたは立っています。

ここに立つ間は、

あなたは自由に、

あなたの神聖なる存在の手のひらの上で、

ただ、あるものを、

クリーニングして、

見えてくるものを、

クリーニングするだけです。

始めていきましょう。

ありがとうございます。

───・───・───・───・───・───・───・───・──

○ あなたはあなたに対してどのような判断を持っていますか?

夫が怪物や野獣のような存在に感じる、
悪しき存在であると判断すると同時に、
自分がどんな存在であるかを判断しているものです。

どんなにそうでないということが起きたとしても、
本来、すべての存在は完璧であるという真理に
どの瞬間も戻るように、心のアクションを内なる自分の中で行うことができます。
すべての存在が完璧であると信じることではありません。
信じることと、そうである真理に戻ろうとするあなたのこころの動きはイコールではありません。
そのことをまずは、クリアにしていきます。

そして、目の前であらゆることが起きたとき、
その都度、いのちを持った、存在としてしなくてはいけないこと、対処していくことは起きます。
それでも、同時に、こころの中の動きは、「すべてはゼロである」ということへ軌道修正する方法を実践します。

○ わたし自身が苦しみとして体験することはすべてわたしの態度(記憶からくる)が原因で引き起こされている

あなたは今一体どんな態度であるといえるか、
それをあくまでも冷静に知る内省の時間を持ってみませんか?

実際のあなたは今、静かな時間を持ちたいと思っているのにも関わらず、
あなたの実際の態度は、思いがけず、とても明るい社交的な色合いを持っているかもしれません。

もしかしたら、人と会って話をしたいという自然な欲求が沸き起こっているにも関わらず、
孤独でいるという制服を脱げないでいるかもしれません。

怒るという態度はもしかしたら古いものではありませんか?
あなたという今の自然な状態を本当に表しているものですか?
私たちはこの大いなる自然という流れの中で調和しながら変化する存在です。
いっときいっとき、変化が訪れています。
あなたの今の態度は、もしかしたら、遠く古くなったものであるかもしれません。
もう一度、自分が今何を思い、どんな態度をしているのか、クリアにし、
今すぐクリーニングしましょう。

 秋冬春夏第12回:44頁「 すべてはわたしからはじまる 」
Open

mailmag_banner

Close