秋冬春夏

第1回:30頁「 冬 」

( ゆっくりと30頁を読んでください )

今、あなたの心はどの季節にいますか?

そこではどんなことが起きていますか?

私たちが生身の人間であり、
こころという目には見えない意識が働き、
それがまるで、季節のように変わりゆくものであること、
私たちはそれをコントロールするのではなく、
クリーニングによって受け入れ、手放し、
また新しい季節をゼロから迎えることができるようにできているということを、
春夏秋冬、
クリーニングしながら、
あなたのいのち本来のリズムを取り戻していきましう。

クリーニング

ゼロ

平和

心を観察しながら、

以下のガイドに沿ってクリーニングしていきます。

「 正しい 」答えはありません。

これは「 あなた 」の記憶のクリーニングの歴史の始まりです。

あなたが、こころの状態に気づき、クリーニングする。

それが唯一の目的です。

そして、あなたのウニヒピリにとってベストなタイミングで、

少しづつ、

神聖なる存在のスピードによって、

あなたのいのちのペースに戻っていくための時間です。

焦りをクリーニング。

期待をクリーニング。

判断をクリーニング。

記憶は消去されていきます。

記憶は消去されているのです。

あなたが判断から自由になることへの招待の扉の前に今あなたは立っています。

ここに立つ間は、

あなたは自由に、

あなたの神聖なる存在の手のひらの上で、

ただ、あるものを、

クリーニングして、

見えてくるものを、

クリーニングするだけです。

それでは、始めていきましょう。

ありがとうございます。

───・───・───・───・───・───・───・───・──

今、あなたはホ・オポノポノのプロセスを通して、
大いなる自然の働きの中にいます。

あなたの苦しみ、痛みが変化しようとしています

寒さと不毛が満ちたとき
そこにあるのは苦しみと暗黒です。

あなたが今、体験している苦しみは何ですか?

あなたにとってのその原因はなんでしょうか。

私たちの体がだんだんと衰えていくとき

あなたにとって老いや衰えとは一体何を意味していますか?

あなたにとってのその原因はなんでしょうか。

何に執着、しがみついていますか?

それを体験する時、体はどんな状態ですか?

それらが変化してほしいと、あなたは願っていますか?

それとも本音では変えたくなと思っていますか?

まだ準備ができていないとかすかな内なる声が聞こえたことはありますか?

ホ・オポノポノでわたしたちはバランスを回復し

苦しみ、痛み、執着を解放します。

「死」とわたしたちが見ていたものは死ではなくなります。

あなたが「死」だと体験しているものはなんですか?
何が、あなたにとって「死」に値するものですか?
でもそれは、あなたが見ている記憶です。
いのちはあなたの記憶と関係なく、
実際のところ、
いつでも巡り続けているものです

あなたの心が「冬」の時、
雪が重なり、
その下で起きていることは見えないのです。

いのちは永遠です。

あらゆる出来事や感情は、
自分の本来のバランスに戻していくためのギフトです。
何も変化していないように思えていても、
クリーニングするたびに
思い雪のように見える心の下では、
多くの記憶は消化され、
あなたの歴史が大きく変わっているのです。

この冬という季節だからこそ、
あなたの心が真に成長し、
あなたが「いのち」を生きるのに必要な筋肉や流れを蓄えています。
今何が起こって、体験していたとしても、
あなたのあらゆる歴史上、
今、あなたは意識を超えた安心の地にあなたは受け入れられています。
あなたは愛を体験しています。

もしも、まだそれを感じられないとしたら、
クリーニングしていきましょう。

 秋冬春夏第1回:30頁「 冬 」
Open

mailmag_banner

Close