秋冬春夏

第19回:56頁「 手放すこと 」

(読んでください)

今、あなたの心はどの季節にいますか?

そこではどんなことが起きていますか?

私たちが生身の人間であり、
こころという目には見えない意識が働き、
それがまるで、季節のように変わりゆくものであること、
私たちはそれをコントロールするのではなく、
クリーニングによって受け入れ、手放し、
また新しい季節をゼロから迎えることができるようにできているということを、
春夏秋冬、
クリーニングしながら、
あなたのいのち本来のリズムを取り戻していきましょう。

クリーニング

ゼロ

平和

心を観察しながら、

以下のガイドに沿ってクリーニングしていきます。

「 正しい 」答えはありません。

これは「 あなた 」の記憶のクリーニングの歴史の始まりです。

あなたが、こころの状態に気づき、クリーニングする。

それが唯一の目的です。

そして、あなたのウニヒピリにとってベストなタイミングで、

少しづつ、

神聖なる存在のスピードによって、

あなたのいのちのペースに戻っていくための時間です。

焦りをクリーニング。

期待をクリーニング。

判断をクリーニング。

記憶は消去されていきます。

記憶は消去されているのです。

あなたが判断から自由になることへの招待の扉の前に今あなたは立っています。

ここに立つ間は、

あなたは自由に、

あなたの神聖なる存在の手のひらの上で、

ただ、あるものを、

クリーニングして、

見えてくるものを、

クリーニングするだけです。

始めていきましょう。

ありがとうございます。

───・───・───・───・───・───・───・───・─

○ あなたを不自由にさせているからだの症状はありますか?

それはあなたに一体なんの意味を見させていますか?

恐れですが?

不安ですか?

怒りですか?

○ あなたはその症状、形の原因は何であると判断していますか?

親ですか?

会社ですか?

社会ですか?

パートナーですか?

お金ですか?

○ あなたは体を支配していると感じますか?
それとも体に自分が支配されていると感じますか?

それはもしかしたら、
あなたがこれまで人間関係を通して、
または社会を通して、感じてきた感覚とどこか似ているところがあるのではないでしょうか。

あなたはゼロ、神聖な存在である、

という事実を思い出したときに、あなたと体の関係が一体どんなものであるのか、

今一度、見てみることができます。

体を司っているのは、あなたのウニヒピリ、内なる存在です。
体を通して、この宇宙が始まった瞬間からのあらゆる消化されていない記憶を
表現しています。

あなたがそれを気に入っていようといまいと、
そこにあるものは、あなたがクリーニングできることです。

つまり、あなたの体があなたに伝えていることをクリーニングしていくことは、
この大きな宇宙に迷子になりかけているかもしれない、自分のたましい、
マインドを、本来のブループリントに戻すための鍵であると言えます。

その体が壊れかけているという判断であろうと、
この体ならどこまででもいける、というような興奮であろうと、

体は宇宙の一部であるところの自分の目的を改めてわかるように示してくれる、
謂わば、精密な翻訳機能を持っています。

体からもたらされる痛み、喜び、便利さ、不便さ、苦しさ、比較を手放すプロセスの中で、
私たちは元に道を歩むことができます。

体をクリーニングすることで、
自分がどういう状態でうまれたか、
家族との関係、家族、親族、先祖とのクリーニングすること、
ゼロに戻るプロセスなのです。

 秋冬春夏第19回:56頁「 手放すこと 」
Open

mailmag_banner

Close