ホーム

よみもの

イベント

KR

ショップ

日々、世界中のクライアントと個人セッションをしながら、クリーニングしているKR女史。
ホ・オポノポノを実践する日々の中でふと出てくる疑問や質問をKR女史がシンプルにお答えする大好評の連載第二弾です。
全6回に分けてお送りします。今回は第3回です。

クリーニングは自分自身に働きかけるものです。

問題を体験したら、その問題を起こしている人や政治にではなく、そのとき問題だ、と体験している自分自身に向けてクリーニングをします。

だから心をこめなくてもいいのです。ただ唱える、そうすることでわたしの中の潜在意識であるウニヒピリがなすべきことをしてくれます。

ただ「愛しています」ということ、ここがポイントです。

KAMAILELAULI’I RAFAELOVICH カマイリ・ラファエロヴィッチ(通称 KR女史) SITH ホ・オポノポノの創始者、 故モーナ女史の一番弟子。 50年以上クリーニングを続けている。MBA(経営学マスター)やMAT(マッサージセラピストライセンス)の資格を取得。 ハワイでは不動産業を営み、さらにホ・オポノポノを使ったコンサルティングボディーワークランドクリーニング、講演活動を全国各地で行っている。著書に「ホ・オポノポノジャーニー ほんとうの自分を生きる旅」 「ホ・オポノポノライフ」(いずれも講談社)、共著に「ウニヒピリ」(サンマーク出版)、「はじめてのウニヒピリ 」(宝島社)がある。

「ホ・オポノポノ」の素朴な情報にKR女史がお答えします。

『 KR女史に聞いてみた』

第1回:仕事をクリーニング

第2回:自分磨き

第3回:結婚をクリーニング

第4回:パートナーシップ

第5回:子育て

第6回:4つの言葉

『 教えてKR女史!』

第1回:どうして4つの言葉は決まってるの?

第2回:いつ、誰に4つの言葉を言えばいいの?

第3回:言葉に感情はこめなくていいの?

第4回:クリーニングは逃げること?

第5回:クリーニングはいつまですればいいの?

第6回:問題はすべて自分の責任?

KR女史インタビュー

KR女史動画

体験談

体は教えてくれている

お隣さん

お部屋にありがとう