ホーム

よみもの

イベント

KR

ショップ

教えて!KR女史
日々、世界中のクライアントと個人セッションをしながら、様々な相談を受けているKR女史、今回はその中でも多く寄せられている、問題や悩みへの向き合い方、ホ・オポノポノの実践方法を教えていただきました。
いくつかのトピックにわけてKR女史のホ・オポノポノの実践方法を紹介していきます。

わたしは、今いる場所で感じる思いや体験を、1つ1つクリーニングしています。
すると、自然と次の道が用意され、いろいろな可能性が広がります。とはいえ、クリーニングの方法に決まりはありません。

まずは、1日1回。朝目覚めて、今日の予定、出会うと予測される人や乗り物、予定されている用事、向かう先の場所を、1つ1つ思い浮かべ4つの言葉を唱えてください。

それだけで仕事や人間関係のストレスが減り、困難を自然に回避します。

これは多くの人が実践して、体験しています。 クリーニングは自由、今この瞬間にも唱えてみてください。

4つの言葉関連記事:
ディヴィニティ(神聖なる存在)の奇跡

KAMAILELAULI’I RAFAELOVICH カマイリ・ラファエロヴィッチ(通称 KR女史) SITH ホ・オポノポノの創始者、 故モーナ女史の一番弟子。 50年以上クリーニングを続けている。MBA(経営学マスター)やMAT(マッサージセラピストライセンス)の資格を取得。 ハワイでは不動産業を営み、さらにホ・オポノポノを使ったコンサルティングボディーワークランドクリーニング、講演活動を全国各地で行っている。著書に「ホ・オポノポノジャーニー ほんとうの自分を生きる旅」 「ホ・オポノポノライフ」(いずれも講談社)、共著に「ウニヒピリ」(サンマーク出版)、「はじめてのウニヒピリ 」(宝島社)がある。

「ホ・オポノポノ」の素朴な情報にKR女史がお答えします。

『 KR女史に聞いてみた』

第1回:仕事をクリーニング

第2回:自分磨き

第3回:結婚をクリーニング

第4回:パートナーシップ

第5回:子育て

第6回:4つの言葉

『 教えてKR女史!』

第1回:どうして4つの言葉は決まってるの?

第2回:いつ、誰に4つの言葉を言えばいいの?

第3回:言葉に感情はこめなくていいの?

第4回:クリーニングは逃げること?

第5回:クリーニングはいつまですればいいの?

第6回:問題はすべて自分の責任?

KR女史インタビュー

KR女史動画

体験談

体は教えてくれている

お隣さん

お部屋にありがとう