叡智のしずく

第39回:167頁「 『わたし』のいるところ 」

Dewdrops of Wisdom

叡智のしずく

第39回:167頁「 『わたし』のいるところ 」

たった一滴のしずくでも、

それが水の上に落ちるとき、

水紋を作って、スペース全体と共鳴し、

それがどんなに小さなしずくでも、

乾いたものを潤します。
 

どんなに小さな一滴でも、

それがどのように世界に影響を与えているのかは分かりません。
 

あなたのしずくが、

ぽとりと社会に落ちたとき、

それが一体どんな流れを作るでしょう。
 

しずくはいつだって完璧なタイミングで落ちます。
 

しずくがぽとりと落ちるとき、その瞬間、

地球の裏側の葉一枚の動きに、どのようにそれが影響し、

それが波に乗って、鳥の羽をなびかせ、山にこだました結果なのか、

わたしたちの頭では理解できませんが、

宇宙にとって完璧なタイミングなのです。
 

リーディングスタディー『叡智のしずく』を体験していく中で、

わたしたちは、本書にある一つの章ごとに、

繰り返し体験し、潜在意識から現れるものをクリーニングしていきます。
 

それは、わたしたちが暗闇の中で彷徨う生き方から、

神聖なる存在に導かれて、あなたの道を歩いていく、変換の作業そのものです。
 

時間を超えたエーテル体に向けたしずくの旅がこれから始まります。

 

心を観察しながら、

以下のガイドに沿ってクリーニングしていきます。
 

「 正しい 」答えはありません。
 

これは「 あなた 」の記憶のクリーニングの歴史の始まりです。
 

あなたが、こころの状態に気づき、クリーニングする。
 

それが唯一の目的です。
 

そして、あなたのウニヒピリにとってベストなタイミングで、

少しづつ、

神聖なる存在のスピードによって、

あなたのいのちのペースに戻っていくための時間です。
 

焦りをクリーニング。
 

期待をクリーニング。
 

判断をクリーニング。
 

記憶は消去されていきます。
 

記憶は消去されているのです。
 

あなたが判断から自由になることへの招待の扉の前に今あなたは立っています。
 

ここに立つ間は、

あなたは自由に、

あなたの神聖なる存在の手のひらの上で、

ただ、あるものを、

クリーニングして、

見えてくるものを、

クリーニングするだけです。
 

始めていきましょう。
 

ありがとうございます。

 

神聖なる存在とは一体、何なのでしょうか?

それは神、いのち、宇宙、自然、エネルギー、一体、何に当たるとわたしたちは考えればよいのか。
 

今日、わたしたちはそれについて論議するのではありません。
 

長い歴史の中で、わたしたちはそれを唯一のものと認識し共通意識であろうとしていた中で、あらゆる争いや選択を繰り返しました。
 

今日、わたしたちはそれについて判断や批判をしようというのではありません。
 

「わたし」(I)、神聖なる存在について、

ホ・オポノポノでは、それは信じる対象ではなく、

問題解決法であるクリーニングの実践を通して、

それとのつながりを毎瞬選択していくのだといいます。
 

そして、本当の自分に戻るプロセスの中で、

ただあなたはそれを体験していくだけであると。
 

神聖なる存在の働きは無限であり、時間や肉体の制限はないところにあるのだと。
 

ですから、もしも何かを信仰することに抵抗があるとしたら、

その抵抗をクリーニングする過程でまた、その繋がりは起きているでしょう。

体に痛みがあるのであれば、

その痛みをとってくれる対象が神なのではなく、

その体験をあなたがクリーニングすることで、真の働きが起きるでしょう。

あなたがもし、何らかの大いなる存在を信じていたとしてもそれは同じです。
 

何かを叶えてくれるはずであると、あなたが期待している対象、それが神聖なる存在なのではありません。
 

あなたは、あなたがその何かに頼って、必死に期待し祈る過程を、

自らクリーニングするという選択をしたときにいつでも、

命の流れを創作している神聖なる存在の働きが、あなたに巡り戻っていくだけなのです。

何かを得さえすれば

これさえなくなれば

これが起きれば

これが変われば
 

自分の外にある何かを通して、神聖なる存在と繋がろう、その存在を感じよう、確かめようとすることをひととき手放し、いまあなたは内なる平和の旅に出ることができます。

それは、起きることに対し、クリーニングを通して100%責任を取ること。
 

そうすることで、あなたの意識を遥かに超えた広がりと宇宙の働きの中にあなたは再び戻ることができるのです。

 叡智のしずく第39回:167頁「 『わたし』のいるところ 」
Open

mailmag_banner

Close