ホーム

よみもの

イベント

KR

ショップ

ヒューレン博士が教えるクリーニング方法「ホ・オポノポノ」では、過去の記憶をクリーニングしゼロの状態にすることが生きていく上でもっとも大切なこととしています。
では、なぜ、ゼロの状態に戻ることがよりよく生きる方法なのでしょうか?
ゼロになることができれば、何が変わるのでしょうか?

記憶(メモリー)を消去すれば本来の自分が現れます

仏教では、ゼロの概念とは自由になることそのものを言います。手放すこと=ゼロになることで、あなたが知らず知らずのうちに身につけてしまっている、固執する心、先入観、偏見、記憶(メモリー)を消去(デリート)できるのです。そのとき初めて、本来のあなたらしさが現れてくるのです。そして、それを可能にするのがクリーニングです。

【ヒューレン博士インタビュー】

たとえば、あなたが自分の運命を変えたいと願っているとしましょう。わたしの考えでは、運命とはメモリーの総合体なのです。

「わたしが病気になったのは運命」、「わたしがこの人と結婚したのは運命」などと言うことは間違いで、あなたが無意識に持っている「病気のメモリー」、「相手に依存するメモリー」のために「病気になった」、「主人と出会った」などと言っているのと同じことなのです。つまり、潜在意識の中の記憶が再生されることにより、すべての物事は起こります。

自分をゼロにすることは生きていく上で大切なこと

あなたに意識がある以前の遥か昔の先祖代々から病気を持つようになるメモリーを持っているために病気になり、あなたとご主人とは、過去において完了できなかった関係であるために出会ったと言えるのです。あなたは、クリーニングする機会をディヴィニティー(神性なる存在) から与えられたのです。

クリーニングする言葉はいつでも「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」の四つであり、「愛しています」の言葉は他の三つの言葉を含みます。言い続けることによって、あなたは手放す感覚を気づかなくても無意識のところで感じられ、ゼロの状態になります。

あなたのまわりを防衛しているものがなくなり、自分を愛せるようになり、次にご主人も愛せるようになるのです。毎日が楽しくなり、生きている充実感に満ち溢れることでしょう。

自分をゼロの状態にすることは、生きていく上でとても大切なことなのです。あなたがクリーニングを続けることによって、事態は好転します。ご主人のことを心配に思う気持ちがあるのに、普段つれなく接してしまっている人は、ぜひクリーニングに専念してみてほしいと思います。

あなたは運命を変えたいと願うのではなく、クリーニングに集中すればよいのです。そうすれば、物事は自動的に変わっていきますから。
何も考えなくてよいのです。ただ、四つの言葉を言い続けることが大切です。

❝ We are 100% responsible for creating our life the way it is. ❞
「 人生に100%の責任を持とう 」

イハレアカラ・ヒューレン博士。 SITH ホ・オポノポノの継承者であり、世界に広めた第一人者。1962年にコロラド大学を卒業後、 ユタ大学を経て、73年にアイオワ大学で教育長、特殊教育ディレクターの博士号を取得。その後、医科大学学長、教育学部助教授に就任し、74年にハワイ大学助教授、76年に知的障害者ハワイ協会事務局長を務め、犯罪者の更生や身体障害者の支援プログラムに取り組む。83年から87年までは、ハワイ州立病院精神科スタッフとして活動。国際連合やユネスコ、世界平和会議などのさまざまな場で講演活動を行う。2022年1月15日享年82歳にて永眠。監修を務めた「アロハ!」(サンマーク出版)のほか、著書多数。 イハレアカラ・ヒューレン博士のインタビュー記事はこちらからご覧ください。

博士インタビュー

博士動画

体験談

体は教えてくれている

お隣さん

お部屋にありがとう