ホーム

よみもの

イベント

KR

ショップ

記者:これまでに何千人もの方にホ・オポノポノのカウンセリングをして来られたそうですが、多くの人の人生に変化をもたらすための貢献をされたのですね。

KR:わたしが誰かに関するホ・オポノポノのクリーニングをさせていただいているのは、すべて自分のためなのです。誰かがわたしに何かの間題を相談されるということは、その間題に関わるメモリーがわたしの中にあるからです。それを自分の中で浄化するというのは自分のためであり、わたしが浄化するという意思の副産物として、相手の方に効果が現れます。つまりはすべてが自分の間題であり、それを見つめなければならないのです。

記者:すべてを自分の間題として受け止めることができれば、問題の解決を自分の外に求めることがなくなり、他者への期待をしなくなるので、ある意味ではとても楽になるということですね。

KR:そのとおりです。例えどんな問題であっても、人から問題を持ち込まれたように見えても、それはすべて自分の中にあるものなのです。

記者:KR女史がホ・オポノポノにより体験された人生での変化を何かお話いただけますか?

KR:今も生きているということです。おそらく、ホ・オポノポノに出会っていなかったら、ずっと前に死んでいたでしょうね、それもかなり残虐な死に方です。あまりにもたくさんの経験がありすぎて、一つ一つを挙げきれないのですが、ホ・オポノポノはそれほどわたしの人生を大きく変えたものです。

記者:未来予知についてですが、最近、予知夢などで予言をする方にお会いしました。
予知されていたことがホ・オポノポノにより回避されることはありますか?

KR:はい。このような話を聞いたことがあります。その人は結婚できないことを自分で予知夢により確信したというのですが、その夢が意味していることには、もっともっと深い背景があるものです。例えば前生の体験で、何回も何回も戦争などにより配偶者が死んでいるかもしれません。そうすると、結婚して人を愛しても相手が殺されて悲しい思いをするだけだから、今生では誰とも結婚しないと潜在意識のメモリーが決めているのかもしれません。これが潜在意識の選択ですが、これは正しく作動しないコンピューターのプログラムのようなものです。そこで、わたしたちが表面意識でできることは、クリーニングを始めることです。このメモリーがどのくらい深いものなのか、いつ作られたものかはわからなくても、メモリーの浄化により人生に変容をもたらすことができます。
それがホ・オポノポノの素晴らしさです。

記者:わたしたちは生まれる前から決めていた選択があるという考え方があり、例えばそれはカルマとか運命という呼び方をします。そのように宿命とでもいうような人生の出来事をホ・オポノポノではどのようにとらえているのでしょうか?これを変えることは可能ですか?

KR:もちろんです。わたしたちには、過去、現在、未来があり、現在と未来は過去によって創られているということをまず理解しなければなりません。過去を変えない限り現在も未来も変わりません。ここが重要なポイントです。
ホ・オポノポノでは、今の自分が過去のメモリーに対してクリーニングを行うことができます。そうして過去を変えることにより過去のカルマが変わり、現在も未来もおのずと変わるのです。ですから、当然、宿命、宿業と呼ばれているようなもの、わたしたちの今生にプログラムされている運命も変えることはできるのです。モーナがよく言っていたことを思い出します。わたしは彼女のアシスタントをしていましたが、後にわたし自身でもセッションをするように言われ、クライアントさんとのセッションをしていたとき、今度はモーナがわたしの横で見ていました。彼女は自分以外の人のクリーニングによって何が起きているのかを自分で客観的に見て、検証したかったのです。そして何年もの間、このスピリチュアルな研究を一緒に続けました。わたしたちは、セッション中に何千生、何万生、何十万生もの人生が浄化され変わるのを目のあたりにして、畏敬の念に打たれました。とても深遠な光景ですね。これを起こすためには、今クリーニングをすればいいことで、それが誰にでも可能なのです。なにも何年間も瞑想の修行をして達人にならないとできないことではなく、とてもシンプルで簡単なことです。
ちょっと簡単すぎるのではというかもしれませんが、人類、世界はその時期に来ています。人類がこのことを受け入れる準備が整ったので、このように簡単な方法が可能になりました。それを使わないという手はないですよね。

KAMAILELAULI’I RAFAELOVICH カマイリ・ラファエロヴィッチ(通称 KR女史) SITH ホ・オポノポノの創始者、 故モーナ女史の一番弟子。 50年以上クリーニングを続けている。MBA(経営学マスター)やMAT(マッサージセラピストライセンス)の資格を取得。 ハワイでは不動産業を営み、さらにホ・オポノポノを使ったコンサルティングボディーワークランドクリーニング、講演活動を全国各地で行っている。著書に「ホ・オポノポノジャーニー ほんとうの自分を生きる旅」 「ホ・オポノポノライフ」(いずれも講談社)、共著に「ウニヒピリ」(サンマーク出版)、「はじめてのウニヒピリ 」(宝島社)がある。

KR女史インタビュー

KR女史動画

体験談

体は教えてくれている

お隣さん

お部屋にありがとう