ホーム

よみもの

イベント

KR

ショップ

2016年3月末にホ・オポノポノに出会い、同年10月1日ー2日に開かれた、ネロさんのクラスに初参加させていただきました。
わたしは法律関係の仕事をしており、ネロさんも同じだということで、嬉しくて嬉しくて。
クラスのことは、今でも新鮮に「記憶」に残っています。(クリーニングします!)
とは言いつつも、わたしはなかなかの劣等生で、ホ・オポノポノに出会ってから4年も経過して、ようやくウニヒピリとの関係が始まったところです。
コロナウイルスが流行する中、4つの言葉を呪文のように唱えていればコロナにかからないとばかりに「愛してます」と言い続け、ハッとウニヒピリが置いてけぼりなのに気付く。そんなことの連続です。

わたしの中で、コロナウイルスは、「愛されなかった魂の記憶」のようです。
わたしのウハネで認識できる記憶もあれば、認識できない記憶もある。
虐待された記憶、バカにされた記憶、軽んじられた記憶・・・。
もちろん、全部クリーニングできることはあり得ません。わたしの一生の仕事になるでしょう。

たぶん、インスピレーションだと思うのですが、
「大丈夫だよ」
「ツボがいいよ!」
と、2つのメッセージをいただきました。
「ツボ」というのは、鍼灸の、あのツボです。
わたしは、鍼灸に関する知識は全くないので、「家庭でできる簡単なツボ」レベルの本を参考に、ツボを押すことにしました。
きっと、気血を巡らせ、新陳代謝を良くし、免疫力が上がりますよ。

そんなとき、再びネロさんが、オンライン講演会を開かれるとの案内!
これは、ディヴィニティの足跡(アイリーンさん、素敵な書籍ホ・オポノポノジャーニーをありがとうございます!)
またしても、嬉しくて嬉しくて、即座に申し込みさせていただきました。

ネロさん、イタリアの過酷な状況の中、オンライン講演会を開いてくださることに感謝申し上げます。
クリーニングに感謝申し上げます。
わたしもクリーニングを続けます。

体験談

講師インタビュー

動画