ホーム

よみもの

イベント

KR

ショップ

正しい方法でクリーニングを実践したい!
ホ・オポノポノなら続けられそうと考えるからこそ、その時、知らず知らずのうちに間違っていたらどうしようとなんだか不安な気持ちでやってはいませんか?

実はクリーニングの実践の間に出てくるそんな不安、正しくやりたい!という気持ちは、
そもそも元々わたしたちの中にあった記憶です。
ですから、クリーニング実践の過程で様々な疑問や感情に気づいたら、そこでできるのはやはりクリーニングなのです。

まずは、実践してみます。
そうすることで、潜在意識であるウニヒピリは、メッセージが届いたと安心するのです。
その繰り返しの中でわたしたちは初めて、記憶による正解不正解という試験のような日々から自由になり、どんな時でも神聖なる存在とつながっていることを感じ、あなたの元に常に届いている完璧な情報に気づき、そして信頼が取り戻されていきます。

Mary Koehler メリー・コーラー IZI LLC主催のセルフアイデンティティー スルー ホ・オポノポノのマスター·コーディネーター。 1997年に初めてクラスに参加し、一年後にはアメリカ オレゴン州においてクラスのコーディネーターを開始。以後、ヒューレン博士とともに世界中を旅する。7人のこどもの母親であり、現在14人の孫の祖母になった。実生活でのクリーニングが、経営者、主婦、あらゆる層から支持を受けている。 メリー・コーラーのインタビュー記事はこちらからご覧ください。

動画

講師インタビュー

体験談