ホーム

よみもの

イベント

KR

ショップ

他人の存在を必要とせず、自分を認めて受け入れてあげることがあなたにはできますか?

誰かと比べて秀でているから、誰かと大体同じ能力だから、他の人たちと同じように暮らせているから。

自分という存在を承認するために、わたしたちは常に他者の存在を引き合いにしてはいないでしょうか?

自分の個性、才能、やりたいことを見ていくとき、そこに他者の存在を一切いれずに純粋な目で見ていくことができますか?

本当の自分、つまり神聖なる存在と繋がった元々の自分を生きるためにまず、わたしたちができることをネロさんがインタビューにお答えしています。

Nello Ceccon ネロ・チェッコン 長年、巨大企業のテクニカルディレクターとして勤め、人生を見つめ直そうと転職を考えていた10年前にSITHホ・オポノポノのクラスに出会う。世界五大会計事務所であったアーサー・アンダーセン(現アクセンチュア)で経営コンサルタントとして5年間勤め、その後12年間はヨーロッパ大手金属メーカーのコンサルを指揮し、その後役員に就任。現在はヴェローナ市裁判所の民事訴訟科テクニカルアドバイザーとして、法廷内における企業間に発生したビジネス訴訟および裁判審査の技術的判断を行っている。 ネロ・チェッコンの関連インタビュー記事はこちらからご覧ください。

動画

講師インタビュー

体験談