ホーム

よみもの

イベント

KR

ショップ

成功とはなんとも魅力的な言葉です。
仕事に、
家庭に、
社会的地位に、
生きることそのものに、
成功することは前向きなものの全てであるように聞こえます。

そのために勉強し、
そのために仕事をし、
そのために良い親であることに励むことがよしとされる世代でわたしは育ちました。

価値観に変化があっても、例えば、自己啓発というものと出会い、もっと内面的な成長こそが成功そのものだと教えられると、途端に今のままでは行けないのだと、また同じように前に進むことをはじめました。

今ではない何処かへ進むこと、それが成功であるように感じながら今を生きる、前進することが悪いはずはないのですから、そこになんの疑問も持ち得ませんが、時が経つにつれて、エネルギーは枯渇し、理想と現実のギャップに不快さを感じる自分、そしてそこに最もそばにいる人々との間に耐えがたい距離を感じ、健やかなものを育むことに失敗した自分を感じました。

そんな時に、ホ・オポノポノと出会いました。
ヒューレン博士に言われたある一言は、今も毎日毎朝、新しくわたしに今日の成功の定義を知らせてくれるものとなりました。

「神聖なる存在とあなたのつながりを思い出すために今、あなたはその仕事をしているのです」

イハレアカラ・ヒューレンPh.D.

特定の仕事をすることが成功の定義なのではないのだと肚の底から気づいたのです。

わたしが触れていること、している仕事、仕事をするために取り組んでいることはすべて、わたしが本当の自分を思い出し、神聖なる存在と自分の元々のつながりを思い出すためのものだと。

そこからは、流れがわたしに与え続けてくれました。新しい役割、新しいアイディア、新しい報酬を。

わたしは今もなお、クリーニングを通して、この流れに乗ることだけをしているに過ぎないのです。

Chares E Davis チャールズ・E・デイビス 大学で形而上学を長年研究してきた中で出会ったSITHホ・オポノポノはデイビス氏を180度変換させたと言います。 人生で見えないと感じていたものに光が差し、朝起きて、何を実践し、日々何かをエネルギーを使いながら、人とコミュニケーションをとり、土地と関わり、何かを売買すること、一つ一つを通し、こころに痛みを提供する他人のような自分から、創造と愛が同時に沸き起こるエネルギーそのものに変わったのだとお話しされています。 チャールズ・E・デイビスのインタビュー記事はこちらからご覧ください。

講師インタビュー

動画

体験談