秋冬春夏

第38回:85頁「 きれいさっぱり 」

今、あなたの心はどの季節にいますか?

そこではどんなことが起きていますか?

私たちが生身の人間であり、
こころという目には見えない意識が働き、
それがまるで、季節のように変わりゆくものであること、
私たちはそれをコントロールするのではなく、
クリーニングによって受け入れ、手放し、
また新しい季節をゼロから迎えることができるようにできているということを、
春夏秋冬、
クリーニングしながら、
あなたのいのち本来のリズムを取り戻していきましょう。

クリーニング

ゼロ

平和

心を観察しながら、

以下のガイドに沿ってクリーニングしていきます。

「 正しい 」答えはありません。

これは「 あなた 」の記憶のクリーニングの歴史の始まりです。

あなたが、こころの状態に気づき、クリーニングする。

それが唯一の目的です。

そして、あなたのウニヒピリにとってベストなタイミングで、

少しづつ、

神聖なる存在のスピードによって、

あなたのいのちのペースに戻っていくための時間です。

焦りをクリーニング。

期待をクリーニング。

判断をクリーニング。

記憶は消去されていきます。

記憶は消去されているのです。

あなたが判断から自由になることへの招待の扉の前に今あなたは立っています。

ここに立つ間は、

あなたは自由に、

あなたの神聖なる存在の手のひらの上で、

ただ、あるものを、

クリーニングして、

見えてくるものを、

クリーニングするだけです。

始めていきましょう。

ありがとうございます。

───・───・───・───・───・───・───・───・─

○ あなた自身、
またはあなたの周りで、
体、皮膚に炎症などの現象が起きるという体験はありますか?

時間がたっても、
あらゆる治療法を試したけれど、
状況がよくならないという問題はありますか?

○M.Hさんは、
体に現れた皮膚の反応を
クリーニングを通して、
過去生からくる記憶だと気づき、

自分が今おかれている状況、
身の回りにある物質、
人々を自分の体験としてクリーニングしました。

ある絵画などに惹かれること、
和ダンスが好き、

そういった自分の興味の対象をクリーニングの対象として見てみる。

いつの間にか当たり前のように
取り囲まれている環境、
存在するものにまで一旦目を向けて、クリーニングしてみましょう。

それをクリーニングしていくことで、わたしたちはまだわからない、過去の記憶が取り除かれ、
この宇宙が用意してくれているパーフェクトな流れのなかで、
あなたの体の細胞ひとつひとつが本来の役割を取り戻すことができます。

 秋冬春夏第38回:85頁「 きれいさっぱり 」
Open

mailmag_banner

Close