KR女史

KR KR女史ランドクリーニング体験談

こちらはランドクリーニングの体験談です。
ランドクリーニングのご案内はこちらをご覧ください。

体験談

ペンシルバニア在住 Zさん

わたしは長年、ホ・オポノポノを実践してきました。その過程で、故モーナが多くの秘儀をKRに託しそのクリーニングの広がりを目撃してきたうちの一人です。KRはその才能を土地のクリーニングに長年費やしてきました。わたしも人生の要所要所で、KRランドクリーニングを受けてきました。その効果は、今のわたしの人生にわたしが安心して感謝できている、そのことが最大の証明にあたるでしょう。

このセッションは他のどんなものとも異なり、私たちの意思ではなく、本来土地そのものが持つ目的を達成できるように、花が自然に花開き、そしてつぼみを落とし、そして大地へ還り、次のいのちをまた生み出す、そのサイクルを土地にも自分にもまた働かせることができるものです。

今まで暮らしてきたすべての家を申し込んできました。その結果、わたしは今世での自分と自分の家族に調和が戻ってきたことを実感しています。

ハワイ在住 Kさん(33歳)

引越しの前にKRランドクリーニングに申し込みました!

わたしはハワイのオアフ島から、ハワイ島の広大な牧場への引越しの際にKRランドクリーニングのセッションを受けました。自然の多いオアフ島で生まれ育ったとはいえ、ハワイ島の雄大な自然は180度の暮らしの変化を要求されます。常に予測不可能な自然現象にどうやって女性大人一人そして子供達と暮らしていくか、不安はつきませんでしたが、セッションに申し込んでからというもの、より一層土地からのメッセージに気づき、自然の些細な変化に適応している自分に気づくようになりました。それは自分の内側でも本来日々変化しているはずの自然の移り変わりそのものに他なりません。そうして始まった牧場生活、それはただただわたしにとっての最高の贈り物のような日々です。子供たちはすぐにその環境に適応し、わたしと同等に協力し合えるパートナー。そして土地そのものも家族の一員です。 Thank You.

テキサス在住 Fさん(31歳)

家を購入する前にKRランドクリーニングに申し込みました!

家を探しているとき、ホ・オポノポノの効果は絶大です。記憶をクリーニングすることによって、家とわたし双方は本来の目的を全うできるように準備されていくのを経験します。ランドクリーニングによって、わたしは家を深く愛することを学びました。家はわたしにとって大親友です!

ハワイ在住 Cさん(57歳)

家を売ると決めてから売却完了までKR ランドクリーニングをしました

両親に遺された家をどう処理したらいいのか途方に暮れていたときにホ・オポノポノランドクリーニングに申し込みました。当時のわたしはその家の価値も自分のなかで明確ではなく、同時に罪悪感もありました。ランドクリーニングに申し込んだ直後に売却を担当してくれるという素晴らしい不動産仲介業者と出会い、そこでまた売却が完了するまで、ランドクリーニングを受け続けようと思いました。そしてその過程は本当に素晴らしいもので、それはわたしの人生、わたしの家族、家族の歴史の壮大なクリーニングの旅そのものでした。とうとう買い手が見つかり、そして彼らはこの家をこころから愛し、尊重してくれるわたしにとって理想の家族像である素晴らしい方々だったのです。売ること、買うことに持っていたわたしの罪悪感がこの売却の過程で起きたwin-win(双方が勝つ、利益をもつ)という結果によって、解けていったこともわたしの人生を大きく変えたと思います。

カリフォルニア在住 Bさん(35/37歳)

家を買う前にKRランドクリーニングを受けました!

はじめ家探しをしていたとき、わたしはとても混乱していました。何一つとして、わたしや家族の思うような物件もなければその過程もストレスに満ちていました。そして何も進展がないまま一年を迎えようとしたとき、ちょうどホ・オポノポノに出会い、KRランドクリーニングを申し込んだのです。その当時住んでいた家をまずはクリーニングしたいとひらめき、申し込みました。そして、その直後、理想を超えた物件と出会い、今私たち家族がそこで新しい暮らしを始めています。

アラスカ在住 LFさん(51歳)

家を建てる前にランドクリーニングを受けました!

わたしは自分自身のクリーニングによるインスピレーションから、KRランドクリーニングを家を建てる前に受けることを選択しました。このセッションを受けていると、今まで全く見ていなかったことを全く新しい視点で見ている自分に気付かされます。そして毎回、その結果に深く感謝しています。土地という意識と命が通った存在と真に関わる自分がいるからです。その体験は自分を生きる、まさにそのもの!家にいのちが通っていくプロセスはまさにわたし自身の体験でもあるのです。わたしにとって価値のある体験です。

オレゴン在住 Mさん(52歳)

わたしは、私たち家族が所有し管理を任されている、405,000平方メートル(およそ東京ドーム8倍の大きさ)ある森林保護地区のケアをするためにKRランドクリーニングに申し込みました。その前にわたしが初めてKRランドクリーニングを申し込んだのは、この森林保護区の中にあった小さな居住宅が盗難にあった数時間後でした。何者かがそこに侵入し、そこにもともと置いてあったあらゆる家具や家財をすべて持ち去られたのでした。このことが発覚したとき、わたしを含め家族全員が大きなショックを受けました。しかし、その後続いていくランドクリーニングの過程で、わたしはこの盗難事件そのものが、わたしにとってはギフトであったのだと受け取ることができました。すぐさま保険をアップグレードすることを決め、一つ一つ、この家、土地が必要な家具を揃えていくことに集中しました。KRランドクリーニングを受けたところから感じるようになった、家、土地への尊重の気持ちが自然とそうさせていきました。これは初めてわたしが土地を所有物ではなく、一つのアイデンティティーとして尊重し関わっていくプロセスとなりました。それはわたしの中におけるホ・オポノポノのプロセスを実践していく上で欠かせない内なる気づきへ自分自身を開かせていくための大きな機会でもあったのです。

この土地は私たちに本当に多くのクリーニングの機会を与えてくれます。最近の出来事として、この土地の森林保護区で山火事がありました。火事であることを知って数時間以内にわたしはまたKRランドクリーニングを申し込みました。この規模の土地ですと、火事はたやすく大規模に広がってしまいます。しかし、もともとこの土地をクリーニングしてきたおかげなのか、すぐにまたランドクリーニングをお願いしたからなのか、火事の進みのゆるやかだったこと、この時期、なかなか手配がつかない地元の消防隊のヘリコプターがとても早く到着したことで、最小限の結果ですみました。この機会でも、わたしの役割は、この土地の世話役、ただそれだけなのだと深く気づくきっかけでした。クリーニングに集中するおかげで感情からではなく、この土地に今必要なことは何かに焦点を絞って動くことができます。その結果、わたしや家族にとって最良のことが起きるのです。

シアトル在住 Mさん(54歳)

わたしは数年にわたり、現在は主人と暮らし、以前は子育てをした土地のランドクリーニングを受けています。 何度かランドクリーニングを受ける過程で、わたしの中に土地にもアイデンティティーがあるという確信が強くなっていきます。今ではもうそこを離れていますが、当時暮らしていた家がわたしの子育てに誰よりも協力し、助けてくれていたのだとわかるようになりました。

家の裏庭で当時子供たちは日々遊び、そこはあらゆるハプニングの現場でした。しかし、アイデンティティーを尊重できる状態であったわたしは何度も家から、「今、裏庭に行ってチェックしたほうがいい」というメッセージを受け取るようになります。そしてその度に、あやうく子供たちの大怪我になりかねないような事故を事前に防ぐことができました。

そして、何度目かのランドクリーニングの過程で、この家を卒業する時期だというメッセージを家のほうから受け取るという体験をしました。わたしの思考ではなく、家それぞれがあるべき方向へ動くことを示してくれているのを全感覚を通して受け取りました。新しい住居はとてもスムーズに見つかり、古い家は子供たちの新しい感性のもと管理を任せることにしました。その家で暮らす最後の数週間、わたしは生まれてからこれまで感じたことのないような深い感謝の気持ちに自ら包まれ、まさに愛が常に生み出される現場としての家でただただ幸福を体験しました。わたしにとってのKRランドクリーニングは、家という私たちが生きる上で欠かせない存在、そして自分の暮らし全般に向けた感謝とケアの表現なのです。

20代男性-飲食店経営者

念願のお店を始め、なかなか期待していた通りの結果が出ない毎日が続く中、KRランドクリーニング(6回)に申し込みしました。KRランドクリーニングが進んでいく中、大きな気づきを得ました。「自分がそのお店を本当に愛していない」と。それから、そのお店と会話をするようになり、メニューも必要のないものが自然と減り、さらに新しいメニューや企画が現れ、それに必要な仕入先が自然と現れたり、家具の配置や雰囲気をお店が本来持っているものに変更していきました。すると、お客様からは自分の家のように感じる、自分のライフスタイルに取り入れたいなど、ポジティブなフィードバックを多くいただき、繁盛店へと変わっていきました。KRランドクリーニングによって、私は自分のお店をその土地を愛することが出来ました。

50代女性-主婦

昔家が貧乏だった記憶から、物を部屋に溜め込んでしまい、家がゴミ屋敷になってしまいました。そのせいで、長い間友人や子供たちを家に呼ぶことが出来ませんでした。そのような中、子供がKRランドクリーニングに申し込みました。最初は自分の中で葛藤があったものの、家自から「こんなに荷物は要らない、必要最低限な物以外、手放してほしい」と言われた気がしました。今では、家には必要なものしかなく、多くの友人や子供たちが週末に遊びに来てくれる賑やかな家に生まれ変わりました。

30代男性-会社経営者

投資を目的に、再開発が内々で決定している地域の不動産を購入していました。再開発が公になった後、売り物件はすっかりとなくなり、再開発後を反映した価格でのみ売却案件がありました。期待をクリーニングしたいと思い、KRランドクリーニングに申し込みました。すると、相続関連や特別な売却理由により、内々に多くの照会があり、購入することが出来ました!!選ぶのは私ではなく、土地が私を選ぶんだなと実感致しました。

 KR女史ランドクリーニング体験談
Open

mailmag_banner